フラジール

令和元年5月13日午前4時30分の出来事

いつもの様にフラジールは深夜の制作活動を終え、ドラムの孫六と鍵盤のヒロコはリハーサルスタジオで機材の撤収作業をしていた。

バンド経験者ならわかる事だが、他のパートに比べドラムと鍵盤は持ち込み機材が多い為、片付けに時間がかかる。

つまりそう、スタジオ内には2人だけ。

前後の会話は省くが、そこで彼女(東京都港区白金台製)が僕に対して放った一言・・・

『育ちが違う』

かつてジョージ・H・W・ブッシュ(1924〜2018)は言ったよ「コレは戦争だ」と。

こ、こんな侮辱はありません!(あほの坂田師匠風に)

P.S. 画像はフロントで怒りのミーティング中。ピーナッツぎっしりのスニッカーズくれたら許さないでもない。